電話の近代化

ここ数年、ビジネスにおいて電話というものがずいぶん便利になりました。
当初は黒電話がほとんどでしたが、そこから携帯電話が生まれ、近年はビジネスフォンという内線と外線を共有出来るシステムが出来たり、携帯に関してもレンタル携帯という物が生まれました。
そこから今、電話の最善線を走っているものがIP電話というインターネット回線を使った電話で、現在はIP携帯という、携帯ながらインターネット回線を使ったものも生まれました。

レンタル携帯に関しては1987年からサービスが開始されて、現在に至るまでビジネスフォン分野においても使用され、ここ最近はIP携帯のレンタルサービスも開始されたほどです。
IP電話については先にも述べたIP携帯が時代の最先端を行っており、今後もスマートフォンの普及によりアプリ等で利用率が格段に上がっていくでしょう。
ビジネスフォンにおいては、過去のアナログ回線の時代は社長・役職者・一般のそれぞれの直通でしか電話をかけることができなかったのですが、デジタル回線の普及により、代表番号というものが生まれ、電話がなれば誰でも電話がとれ、かけてきた人を待たせることがないというメリットを生みました。

それぞれの分野において、次ページ以降で内容の説明・メリット等を説明します。

OUT LINK

携帯レンタルをお得に利用|レンタル携帯激安王
ビジネスに・・・プライベートに・・・レンタル携帯を利用しませんか?|モバイルデンデン